まだその歯は抜かなくても
平気かもしれません!

田町芝浦歯科

まだその歯は抜かなくても 平気かもしれません!

根のまわりの炎症による抜歯

大きな根の先の炎症に関しては根の治療をしても改善しなければ昔は抜歯でした。また根の治療は難しく治せるドクターも少なかったのが現実です。しかし現在優れたセメント(MTA)、CT、マイクロスコープといった材料、器具、道具の発展により歯の保存率は格段と上がってきました。抜歯の原因はいくつかありますが適切な診断と技術により歯の保存ができるかもしれません。

blog_09

歯周病による抜歯

歯周病は日々のケアが大切です。一旦歯周病が進むと改善するのは大変です。この事を理解している人は少ないです。歯周病を治療する方法いくつもあります。歯周病で歯を抜く基準もいくつもあります。

早めの抜歯により骨を温存して、その後の処置をスムーズに進める方法。
汚れをできる限り除去してポケットメンテナンスすることにより歯を延命する方法。
歯の汚れを全てとり再び汚れが付着しにくい環境を作る方法。(FOP、分割)
薬を塗布することにより骨の再生を図る方法。(再生療法)

抜かなくても大丈夫かもしれません。ただいづれにしてもメンテナンスは必須で行う必要があります。

blog_04

blog_05

 

深い虫歯による抜歯

大きな虫歯になると歯を抜かなければならないと聞いたことあると思います。それには大きな理由があります。歯は歯冠という頭の部分と根っこで構成されています。根っこさえ残っていれば根っこに土台をたてて保存することができます。ただ根っこが虫歯になると土台をたてることができなくなるので抜歯に至りますが根っこの延命処置もあります。長い根っこであれば根っこを引っ張ぱること(MTM)、周りの歯茎と骨を少し整えること(クラウンレングスニング)によってその歯は延命できるかもしれません。

他院で抜歯と言われた、できる限り歯を残したいという希望の方は一度ご相談ください。

・クラウンレングス

blog_06
blog_07

・MTM(部分矯正)
blog_08

田町の痛くない歯医者【田町芝浦歯科】田町駅すぐ

日付:   カテゴリ:田町芝浦歯科:院長コラム