田町芝浦歯科:院長コラム

田町芝浦歯科

カテゴリ: 田町芝浦歯科:院長コラム

歯周病予防について、定期検診とクリーニングのおすすめ

歯周病は気づかないうちに進行しています。
定期検診とクリーニングが必要です。

歯周病はCM等で歯茎が下がるという表現をされていることが多いですが歯周病というのは骨の疾患です。

歯にプラークという細菌が付着します。
この状態であればブラシで除去できますがこれを放置しておくと歯石に代わり硬くなります。

これは歯にこびりついて歯ブラシでは除去できません。
このまま放置すると歯周病が進行します。
歯周病は恐いことに軽度、中等度の状態では自覚症状がない場合がほとんどです。

田町芝浦歯科では歯周病の原因となる歯石は約2か月でたまるので1~3カ月に一度の定期的な掃除をお勧めしています。

田町の痛くない歯医者【田町芝浦歯科】田町駅すぐ

日付:  カテゴリ:歯周病, 田町芝浦歯科:院長コラム and tagged ,

田町芝浦歯科:開業から1週間経過

img_201510月3日に田町芝浦歯科を開業して一週間がたちました。

検査やクリーニングのアポイントが比較的多かったです。
田町芝浦歯科では検査を行い、問題点を把握します。

問題点の説明を行った上でそこの治療を行うか決めていただきます。
シビアなケースに関しましては精密な検査を行います。

クリーニングは今まで歯科でメンテナンスを受けていた方もいれば、一年以上掃除してない方など様々でした。
当院では患者さんの口の中を把握してその人にあったメンテナンスをさせていただきます。

そんな中電話で痛いと急患の患者さんも来院されました。

急患対応も随時受け付けていますのでご連絡ください。

田町の痛くない歯医者【田町芝浦歯科】田町駅すぐ

日付:  カテゴリ:田町芝浦歯科:院長コラム

内覧会を終えて (田町・芝浦エリアの患者さんへの院内案内)

 

9月29日、30日、10月1日の三日間にかけて内覧会を開催しました。

三日間で約250人から300人の方に来場していただきました。
田町芝浦歯科の雰囲気を味わっていただき、普段は見ることができない器具や機械の説明を行いました。
オートクレーブという滅菌器、三次元的にレントゲンを撮影するCT、院内LANで管理されている画像説明のための大きなモニター、拡大鏡、超音波機器、様々な器具を見学していただきました。オートクレーブは滅菌器です。

歯科診療は細菌との戦いになりますから器具の滅菌や消毒は非常に大切になります。常に清潔な環境を心がけております。
CTを含んで当院のレントゲンはデジタルレントゲンを使用しております。従来のフィルムタイプのレントゲンと比較すると放射線の照射線量が十分の一以下です。歯科は硬組織を扱いますのでレントゲンによる診査は必須になってきます。

デジタルにすることによって照射線量を大幅に減少させることができます。またCTに関しては普通のレントゲンは二次元なので普通のレントゲンでははっきりしない部分にVTを撮影して診査を行います。
3次元的にみることができるようになり診査のレベルは格段とアップしました。

大きなモニターにより十分な説明を行います。
歯科治療は見えない部分でわかりにくいので、田町芝浦歯科ではわかりやすい説明と治療を心がけております。
ただそれでも足らない部分や不十分な説明もあるかと思います。
ですからわからないことや疑問に思ったことは気兼ねなくご質問ください。


拡大鏡に関しては歯科の治療は非常に細かく繊細です。少しでも精密に行えるように拡大鏡を使って高倍率な視野で診療を行っております。
超音波の機器で器具の細かな汚れを除去したり、歯の汚れを落とすことができます。
お土産として歯ブラシを持って帰っていただきました。

子供にはフッ素入りのジェルや風船を持って帰っていただきました。

田町の痛くない歯医者【田町芝浦歯科】田町駅すぐ

日付:  カテゴリ:田町芝浦歯科:院長コラム