根管治療

長引く痛みを解決する

歯を残すための精密根管治療

根管治療とは

根管治療とは、大きく分けて二種類あります。

抜髄

一つ目は『抜髄』です。

通常、すべての歯の中には一般的に神経と呼ばれている「歯髄」が存在します。
その歯髄が外傷を受けたり、大きな虫歯によって炎症・感染などを起こすと、痛みを取るまたは歯の周囲の骨への感染を防ぐ為、歯髄を除去しなければなりません

この作業のことを抜髄(根管治療)といいます。

感染根管

二つ目は『感染根管』です。

神経をとった後に再度、根の中に感染が生じるものです。
根の先にできた病気の原因は根管の中の細菌であり、それを取り除く治療また再度感染しないように充填することを感染根管治療といいます

この感染根管治療は、非常に複雑で治療回数がかかり難しい場合があります。歯の根管はまっすぐな管ではなく、曲がっていたり、枝分かれしていたりするため、 一度細菌に感染してしまった根管を完全に無菌化することは非常に困難です。 また、根の先が溶けてしまい根の表面に細菌が住み着いてしまう状態になることもあります。
この状態では、根管からの掃除では細菌を取り除くことができません。 その他さまざまな原因で、一度症状が治まっても再発する場合もあります。

根管治療で大切なのは、再度感染しないように充填することが第一ですが、根管の形状は一人一人異なり、肉眼では見えない部分なので難しい治療です。

根管治療の成功率とは
根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率

日本では様々な問題で、この根管治療が軽視されていて不十分な治療となっているケースが多く成功率も非常に低いです。
これまでの報告では、根の先に病気のある歯の根管治療の成功率は、60~80%程度とされています。 

東京医科歯科大学付属病院の調べで根管治療の再発率(失敗率)を示したグラフです。
45~70%の歯で再治療が必要になっていることがわかります。

 

図:2005.9~2006.12東京医科歯科大学 [ 根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率 ] より引用

 

当院での根管治療の特徴

CT、マイクロスコープによる精密な治療を行っております。
現在CT、マイクロスコープの活用する医院も増え、確実な治療技術により上記の成功率は変わってきたと思います。
当院では、マイクロスコープを導入し根管治療など肉眼では困難だった治療を、より精密に再発がないような治療を目指しております

精密な根管治療が可能なワケ

1. マイクロスコープを利用した精密な治療

当院では、マイクロスコープを導入し根管治療など肉眼では困難だった治療を、より精密に再発がないような治療を目指しております。根管治療に限らず拡大鏡も使用することで、より精密で正確な治療が可能になります。

また、院長は勤務医時代に根菅治療を専門的に学び、多くの患者さんの治療を行ってきました。
そして可能な限り「歯を残す治療」を行います。
神経の治療で『歯を抜かなければならない』と言われた方、まだ歯を残せる治療法はあるかもしれません。

お気軽にご相談下さい。

マイクロスコープで撮影した写真





2. CTを用いた精密な診断

根管治療の難治ケースや小さいレントゲンでは、病巣の範囲や大きさが分かりにくい場合にCT撮影を行います。

患者さまの現在の口腔内状態から得られる情報量がとても多いので、治療の効率化につながります。

CTの撮影画像

CTによって病巣の広がりやどこの根管に問題があるのかが鮮明に分かります。
またこのケースは、上顎洞の感染が生じているかを確認しました。

 

根管治療の流れ

① 根管長の測定

神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。

② 根管の掃除

根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。

③ 薬剤による消毒・殺菌

根管の汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないよう消毒します。

④ 根管充填

根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。

⑤ 歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする

歯根の上に土台を入れ、クラウン(被せ物)を被せて治療が完了します。

治療に伴うリスク

根管治療することにより治療の影響で一時的に痛みが強くなることがあります。

 

再発してしまった場合

根管治療を行ったが再発して悪化してしまった場合や、歯根内が複雑に曲がっていたり細くて治療がしっかり行えない場合などに歯根端切除術が行われます。

歯根端切除術とは

歯根端切除は患部の歯の歯肉を剥離して、直接歯根の先の病巣を除去すると共に炎症の原因となっている歯根の先をカットして根管を閉鎖する手技です。ただ基本は根管治療になります。しっかり根管治療を行うことが先決です。

歯根端切除術を行うケース

1.根管治療で症状が治らない場合

炎症が続き、病変が大きくなって歯根の外側にも汚れが付着してしまうと根の中をきれいにする根管治療では治せない場合もあり、
また歯根嚢胞といって炎症に膜を作ってしまうと根管治療では治せない場合があります。このような場合に適応します。

2.被せ物が入っていて根管治療をやりたくない方

基本は根管治療をおすすめしておりますが、最近被せものを装着した場合患者さんがその被せものを除去したくない場合に適応します。

 

※歯根端切除術を受ける際

まずは検査が必要になります。基本的には根管治療を行ってからなので、すぐに行う治療ではありません。また外科処置になりますので、器具の準備や滅菌がありますので、予約が必要になります。
術中は麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。長い時間に及ぶので切れてきたら麻酔を追加しますが口を長時間開けているのが少しつらいかもしれません。もし、つらくなったら休み休み行います。
また長時間の開口は乾燥するので湿潤状態のキープやクリームを塗って予防します。 手術時間は約1時間ほどになります。保険の適応もありますので費用の方は約1万円ほどになります。

 

適応できないケース

歯根が極端に短いケースは歯根をカットすると歯冠歯根比といって歯を十分に機能するだけの根の長さがなくなる場合があります。極端に歯根が短い歯は適応出来ません。また上下顎7番の歯や上顎6番の口蓋根が病巣になっているケースは歯肉を開いてもアプローチできないケースがあります。この場合は適応ではありません。その場合抜根といって根ごとカットする選択になります。

 

歯根端切除術のメリット・デメリット

メリット

根管治療で治らなかった歯に対して歯の保存の次のステップとして治療出来ます。
昔であれば根管治療で治らなければすぐに抜歯でした。これは患者さんにとって非常にメリットなことです。歯の保存のための治療です。
現在マイクロスコープ、CTの活用により根管治療の成績も上がっていますし、歯根端切除の成績も上がっていますので、歯を残せるレベルがグンと上がりました。
しかし治療に絶対はありませんので成功しない場合もあります。成功しない場合は病巣の原因が他にあるかもしれません。どこかに亀裂が入っているか、歯周病と合併してるとかです。

デメリット

歯根端切除のデメリットは外科処置を行うということです。歯肉を触りますので歯肉退縮が起こる可能性があります。
また外科処置なので術後腫れや違和感が生じる場合があります。もちろん術後のコントロールはしていきます。また歯根をカットするので根が短くなります。

 

歯根端切除術の治療の流れ

①検査

②根管治療

③治らない場合歯根端切除を行うかを含め相談

④行う場合手術

⑤消毒・抜歯

⑥歯肉が治ってきたら被せものへ移行

 

歯根端切除術注意点

その当日は血行がよくなること(アルコール、お風呂、激しい運動)は避けてください。薬は約三日間は飲んでください。歯ブラシは約1週間患部にはあてないでください。患部での食事、辛いもの熱いもの等刺激のある食事もやめてください。
また、オペが100%成功するわけではありませんので、再発する場合もあります。その場合は抜歯や抜根等次のステップを考えていきます。

歯根端切除術の治療例

治療例1

治療中
治療中
治療後

主訴

右上にできものができた

治療期間

2ヶ月

治療費

保険治療

先生からの提案

(治療内容について)

頬側にサイナストラクト(できもの)ができていて違和感が生じていたので根管治療を行い、一時は症状改善したが排膿が時々出現するので歯根端切除術を行ました。現在歯肉も安定し、最終的な被せ物を装着しました。

治療例2

治療前
治療中
治療後

主訴

前歯の腫れ、激痛

治療期間

3ヶ月

治療費

保険治療

先生からの提案

(治療内容について)

右上12根尖部に強い炎症があり、大きな嚢胞を形成していたのでまず根管治療を行ったが根管からの排膿が止まらず、根管をできる限りきれいにして歯根端切除へ移行しました。現在経過観察中です。

治療に伴うリスク

歯根端切除術をすることにより、歯肉退縮・術後の腫脹などが見られる場合があります。