予防歯科

大切な歯を守るためにできること

虫歯を治すから予防する時代に

田町芝浦歯科の予防歯科へのこだわり

私たちはメインテナンス(予防)を早期発見、早期治療の目的で行っております。

悪くなればなるほど治療時間やコストもかかってきますので出来る限り最小限での治療が望ましいです。
そのためには悪くならないように、悪くなってもすぐに治療を行う検診やメインテナンスがとても大切です。

 

虫歯の予防に関してはメインテナンスがとても大切です。

メインテナンスもセルフケアとプロフェッショナルケアがあります。

セルフケア

ご自身でのブラシと食生活がとても大切です。ブラシは毎食後するのが理想です。
食生活に関しては食事をすると菌が活性化して口腔内を酸性にします。

しかし口腔内は唾液によって干渉作用がありますので、少したつと中性に戻ります。
酸性の状態がずっと続くと歯を脱灰(溶かす)しますからダラダラと続けて食事をすることはよくありません。
間食や糖分であるコーヒーや糖質の飲料水をダラダラ飲むのもよくありません。
中性の状態を保つことが大切です。

プロフェッショナルケア
  • 主な内容ですがPMTC、ディプラーキング、フッ素の塗布、ハイリスク部のチェックです。
    私たちはメインテナンス(予防)を早期発見、早期治療の目的で行っております。悪くなればなるほど治療時間やコストもかかってきますので出来る限り最小限での治療が望ましいです。そのためには悪くならないように、悪くなってもすぐに治療を行う検診やメインテナンスがとても大切です。

虫歯になりやすい人ってどんな人?

常在菌の違いなので菌が多ければ虫歯になりやすいです。

また歯が遺伝的に軟らかい人は虫歯になりやすいです。
ただ歯が強くても骨が弱くまた虫歯菌がすくなくても歯周病菌が多くて歯周病になりやすかったり、リスクはいずれにしてもあるので虫歯になりやすい人は虫歯に対するケアが大切です。

クリーニングの流れ

クリーニングの一般的な流れですがまずハイリスク部のチェックです。

定期的に歯茎の検査を行い、歯周病の状態や進行度をチェックします。

また修復物と歯との隙間インプラント部などがハイリスク部になってきますのでチェックします。

続いてディプラーキングです。

ディプラーキングはプラークや歯石などバイオフィルムの除去です。

バイオフィルムって何?

バイオフィルムは細菌同士が結合し集合体を形成したものです。お風呂場や洗面台のヌルっとしたものがわかりやすいです。
プラークや歯石はバイオフィルムの一種です。

歯と歯茎の隙間いわゆる歯周ポケットとよばれる箇所に歯石、プラークがたまりそれを放置すると歯周病になります。
ですからこれは歯周病の予防に非常に大切です。

プラークはブラシで除去、歯石はスケーリングで除去します。

  • 歯石は硬く歯にこびりついていますのでスケーラーとよばれる専用の器具で機械的に除去します。
    手用のものと超音波を使用したものがあります。歯石の付着の具合などで使い分けます。
    まず大きな歯石から除去を行います。その後細かい歯石を除去しざらつきをなめらかにします。

歯並びが良い人は普通のブラシだけでもメインテナンス出来ますがインプラントが入っていたり、
清掃しにくい部分には歯間ブラシやフロス等の補助器具を使用します。
続いてPMTCです。

PMTCは専用の研磨ペーストをつけて、表面、歯間部を磨きあげます。

磨くことによって歯の性状がツルツルしますので、その状態をキープきます。プラーク(細菌の塊)はざらついてるとこに付着しますので、汚れがつきにくい環境作りをしていきます。

ご希望であれば最後にフッ素の塗布を行います。

フッ素は歯の再石灰化の促進、歯の強化、抗菌作用の効果がありますので虫歯の予防に役立ちます。

 

  •