根管治療

長引く痛みを解決する

拡大鏡を利用した精密根管治療

長引く痛みを解決するための根管治療

丁寧な治療を心がけております

通常、すべての歯の中には一般的に「神経」と呼ばれている「歯髄」が存在します。
もし、歯髄に外傷や炎症、感染などが起こると、痛みを取る、または歯の周囲の骨への感染を防ぐ為、歯髄を除去しなければなりません。
この作業のことを「根管治療」といいます。

根管で繁殖すると根菅の治療が必要です。

根管の治療は根の中で繁殖した細菌を機械的に除去すること。また再度感染しないように充填することが非常に大切です。
ただ根管は様々な形態をしていますし、肉眼では見えない部分なので難しいです。
日本では様々な問題でこの根管治療が軽視されていて不十分な治療となっているケースが多く成功率も非常に低いです。

拡大鏡を利用した精密な根管治療

当医院では拡大鏡も使いより精密で正確な治療を行っております。

また、院長は勤務医時代に根菅治療を専門的に学び多くの患者さんの治療を行ってきました。
『他院で抜かなければならない』と言われた歯も残すことができるかもしれません。

他の医院で治療中の方で何かご不安のある方のご相談も受付けております。
根管治療のお悩みお気軽にご相談下さい。

根管治療の流れ

① 根管長の測定

神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。

② 根管の掃除

根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。

③ 薬剤による消毒・殺菌

根管の汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないよう消毒します。

④ 根管充填

根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。

⑤ 歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする

歯根の上に土台を入れ、クラウン(被せ物)を被せて治療が完了します。