根管治療

長引く痛みを解決する

歯を残すための精密根管治療

根管治療とは

根管治療とは、大きく分けて二種類あります。

抜髄

一つ目は『抜髄』です。

通常、すべての歯の中には一般的に神経と呼ばれている「歯髄」が存在します。
その歯髄が外傷を受けたり、大きな虫歯によって炎症・感染などを起こすと、痛みを取るまたは歯の周囲の骨への感染を防ぐ為、歯髄を除去しなければなりません

この作業のことを抜髄(根管治療)といいます。

感染根管

二つ目は『感染根管』です。

神経をとった後に再度、根の中に感染が生じるものです。
根の先にできた病気の原因は根管の中の細菌であり、それを取り除く治療また再度感染しないように充填することを感染根管治療といいます

この感染根管治療は、非常に複雑で治療回数がかかり難しい場合があります。歯の根管はまっすぐな管ではなく、曲がっていたり、枝分かれしていたりするため、 一度細菌に感染してしまった根管を完全に無菌化することは非常に困難です。 また、根の先が溶けてしまい根の表面に細菌が住み着いてしまう状態になることもあります。
この状態では、根管からの掃除では細菌を取り除くことができません。 その他さまざまな原因で、一度症状が治まっても再発する場合もあります。

根管治療で大切なのは、再度感染しないように充填することが第一ですが、根管の形状は一人一人異なり、肉眼では見えない部分なので難しい治療です。

根管治療の成功率とは
根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率

日本では様々な問題で、この根管治療が軽視されていて不十分な治療となっているケースが多く成功率も非常に低いです。
これまでの報告では、根の先に病気のある歯の根管治療の成功率は、60~80%程度とされています。 

東京医科歯科大学付属病院の調べで根管治療の再発率(失敗率)を示したグラフです。
45~70%の歯で再治療が必要になっていることがわかります。

 

図:2005.9~2006.12東京医科歯科大学 [ 根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率 ] より引用

 

当院での根管治療の特徴

CT、マイクロスコープによる精密な治療を行っております。
現在CT、マイクロスコープの活用する医院も増え、確実な治療技術により上記の成功率は変わってきたと思います。
当院では、マイクロスコープを導入し根管治療など肉眼では困難だった治療を、より精密に再発がないような治療を目指しております

精密な根管治療が可能なワケ

1. マイクロスコープを利用した精密な治療

当院では、マイクロスコープを導入し根管治療など肉眼では困難だった治療を、より精密に再発がないような治療を目指しております。根管治療に限らず拡大鏡も使用することで、より精密で正確な治療が可能になります。

また、院長は勤務医時代に根菅治療を専門的に学び、多くの患者さんの治療を行ってきました。
そして可能な限り「歯を残す治療」を行います。
神経の治療で『歯を抜かなければならない』と言われた方、まだ歯を残せる治療法はあるかもしれません。

お気軽にご相談下さい。

マイクロスコープで撮影した写真

 

 

2. CTを用いた精密な診断

根管治療の難治ケースや小さいレントゲンでは、病巣の範囲や大きさが分かりにくい場合にCT撮影を行います。

患者さまの現在の口腔内状態から得られる情報量がとても多いので、治療の効率化につながります。

CTの撮影画像

CTによって病巣の広がりやどこの根管に問題があるのかが鮮明に分かります。
またこのケースは、上顎洞の感染が生じているかを確認しました。

 

根管治療の流れ

① 根管長の測定

神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。

② 根管の掃除

根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。

③ 薬剤による消毒・殺菌

根管の汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないよう消毒します。

④ 根管充填

根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。

⑤ 歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする

歯根の上に土台を入れ、クラウン(被せ物)を被せて治療が完了します。

 

治療に伴うリスク

根管治療することにより治療の影響で一時的に痛みが強くなることがあります。