入れ歯

よく噛めて痛くない入れ歯

ご自身の歯のように噛める入れ歯

しっかり噛める入れ歯をご提供致します

入れ歯は義歯と言って取り外し式のものです。

義歯は歯がない部分に装着するものですが様々なものがあります。
欠損歯の数が少なければ義歯は小さいものになりますし、欠損歯の数が多ければ義歯の大きさも大きくなります。
その分違和感が大きくなります。

義歯の種類

総義歯

すべて歯がない口腔内に対して装着する義歯です。歯がないので支えは欠損部の粘膜のみです。
粘膜のみなので義歯の吸着がとても大切
です。

部分義歯
  • とは残っている歯と欠損部の粘膜を支えとして装着する義歯です。
    残っている歯と固定しできる限り動きが少なくすることが大切です。

 

入れ歯へのこだわり

精密な型採りがとても大切になります。

どれだけ口腔内の状態を模型に再現できるかが大切になっています。

作成の流れ

印象という口腔内の型を採り、模型を作成し模型上で義歯を作成します。

 

入れ歯 治療例

入れ歯治療例

治療前
治療後

主訴

噛めない

治療期間

約1年

治療費

保険診療

先生からの提案

(治療内容について)

歯肉の噛んでいる状態でどこで咬んでいいかわからない状態だったので義歯をいれて安定させてから噛む位置を試行錯誤して探してファイナルへ移行しました。

 

入れ歯治療例

治療前
治療後

主訴

入れ歯が合わない

治療期間

約2年

治療費

200万

先生からの提案

(治療内容について)

残っている歯が少なくただ入れ歯を作ってもすぐに現存歯がダメになる可能性があるため全顎的に補綴することによりなるべく予知性が高い治療法を提案し、行っていきました。